教育学習塾グループ代表 川上大樹[エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校]

埼玉県の東武東上線沿線に11校舎ある エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校 の代表のブログ

ドラえもんがのび太を潰す

友だち追加

こちらのLINEを登録すると、ブログの更新情報を連絡します。

お気に入りやブックマークの必要がありません。

追加だけでは誰が登録されたかわかりませんのでご安心を!

 

↓Kindleですけど、出版中です。

※ブログ読者の方にはブログ内で公開済みです。

《悩めるママの子育て日記》

-------------------

 

 

 

 

あんなこといいな できたらいいな

あんなゆめこんなゆめ いっぱいあるけど

みんなみんなみんな かなえてくれる

ふしぎなポッケでかなえてくれる。

ーーーーーーーー

ドラえもんオープニング曲だった有名なやつですね。

 

 

 

教育のプロとして言わせていただきますね。

 

 

子どもが困ったら、保護者様がなんでもやってあげている家庭がありますが、

 

 

子育て教育上、当然よくありません。。。

 

 

 


言い換えると「守ってあげる。あなたは考える必要はないわ。指示を出すから。言われたとおりやればいいのよ」ですよ

 

 

アニメでの、のび太くんはいつもドラえもんに頼っています。

 

ドラえもんも,ダメなのび太くんが心配で助けたくて道具を出して助けます。

 

 

アニメではそれでいいのですが,実際の子どもなら,一向に成長しません(アニメでは確かにのび太くんはずっと5年生のまま成長しませんが・・笑)。

 

 

そんなような状態を作ってしまう保護者様を「ドラえもんペアレンツ」といいます(僕が勝手に言っています)。

 

 

 

モンスターペアレンツより、ドラえもんペアレンツの方が問題かもしれない・・・

 

 

  

子どもが困る度に、ドラえもんが秘密の道具で助けていたら、本人が成長しません。

 

 

 

「成長」とは失敗や困難を乗り越えていくことでしょう。

 

 

 

その貴重な経験を親が奪ってはいけません。

 

 

 

確かに、親としては子どもの失敗は見たくないもの、幸せになってもらいたいもの。

 

 

 

だからこそなんですよ!

 

なるべく幼いころに小さな失敗や困難を多く経験させるべきですなんです。

 

 

 

親や学校という適切な管理がある中での失敗や困難を経験させ、サポートをしていきましょう。

 

ドラえもんシリーズなのでこちらもどうぞ!↓