エイメイ学院 明成個別 女子専用Elena個別 EIMEI予備校 [代表 川上大樹]

埼玉県の東武東上線沿線に10校舎ある エイメイ学院 明成個別 Elena個別 EIMEI予備校 の代表のブログ

僕はどうやってチャンスをつかんできたか。

友だち追加

こちらのLINEを登録すると、ブログの更新情報を連絡します。

お気に入りやブックマークの必要がありません。

追加だけでは誰が登録されたかわかりませんのでご安心を!

 

↓Kindleですけど、出版中です。

※ブログ読者の方にはブログ内で公開済みです。

《悩めるママの子育て日記》

-------------------

 

 

 

 

 

 

 

貧乏だったから、大学時代はたくさん稼いでいた。

 

 

 

 

 

塾で月曜から土曜までに6クラス担当。

 

 

 

 

 

さらに1つ増やせないか?と頼まれた。

 

 

 

 

 

普通なら、無理って断るよね。

 

だって月曜日から土曜日まで授業してたんだから。

 

 

 

 

 

でも、僕は「いいっすよ」と。

 

 

 

 

 

できないと言わず、できるためにどうすればいいかを考えよう、と。

 

 

 

 

 

ほーら、できた!

 

土曜の夕方にもう一つのクラスを担当できた!

 

 

 

 

 

僕も稼げるし、何より担当できる生徒が増えて嬉しいし、塾も、生徒たちも喜んでくれた。

 

 

 

 

僕の「イエス」で、みんはハッピーじゃん。

 

 

 

 

ハードな毎日。

 

 

 

(日曜に休めた?いやいや、日曜は家庭教師で二人の生徒を午前午後で教えていた。)

 

 

 

 

 

この結果どうなったと思います?

 

 

 

 

 

週に3クラスしか持っていない先生の2倍以上の経験を僕は積めるわけですよ。

 

 

 

 

 

 

3年もやれば、もう、差は歴然。圧倒的な場数と経験。

 

 

 

 

そりゃ負けないよ。

 

 

 

 

そんなこんなで、人生で大事にしている「ノリの良さ」

 

 

 

 

 

 

僕は基本的には、イエスと答えるようにしている。

 

 

 

 

 

 

周りから幸運にみえる人間はね、チャンスをつかんでいるだけ。

 

 

 

 

 

 

チャンスはそこらじゅうにある。

 

 

誰のところにも降ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

チャンスをつかむ魔法の言葉は「イエス」だ。

 

 

 

 

 

 

まだなんもできない新卒ルーキーのときは

 

 

 

 

「できるかわかりませんが、やってみたいっす!」

 

 

 

 

 

それで可能性を広げてきた。

 

 

 

 

 

スケジュール面でも「いついつ会えます?」と聞かれたら、まず確認もせずに「はい!」作戦。

 

 

 

 

 

そのあとすぐにスケジュール帳みて、優先度(希少度)を考えて調整。

 

 

 

 

 

どうしてもダメなら、そこで相手に言う。「あー、スケジュール入っちゃってました。次の週はいかがですか?」って。

 

これ、相手も不快じゃないのよ。実は。

スケジュール確認の前に「はい!」って言っちゃうの、会いたいって気持ちの表れだから。

 

 

 

 

 

 

 

最初から、迷ったり、断ったりしたら、チャンスが逃げていくと思っていたから。

 

 

 

 

 

 

若いうち「ノー」と言ったらもったいない。

  という持論があるが、これは時代背景や、本人の人生の目標にもよる。

 

 

 

 

 

だから、絶対に押し付けない。

 

 

 

 

 

オススメは軽くするが、押し付けない。

 

 

 

 

 

 

やってみなよ、上を目指すならね。