教育学習塾グループ代表 川上大樹[エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校]

埼玉県の東武東上線沿線に11校舎ある エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校 の代表のブログ

勝負の授業

友だち追加

こちらのLINEを登録すると、ブログの更新情報を連絡します。

お気に入りやブックマークの必要がありません。

追加だけでは誰が登録されたかわかりませんのでご安心を!

 

↓Kindleですけど、出版中です。

※ブログ読者の方にはブログ内で公開済みです。

《悩めるママの子育て日記》

-------------------

 

 

 

 

ある日の勝負

 

僕が2011年、新しく校舎を出したとき。

 

うちの塾では無料体験期間を設けている。

 

その体験中に、20人のクラスでなんと5人も宿題をやってこなかったのです。

 

 

これは、僕には、勝負だな、と思ったのです。

 

 

 

以下、再現------------------

 

 

「みんな、顔をあげろ~。ちょっと大切な話がある」



ざわざわ、もごもご。ぺちゃくちゃ

 

 

「おい!大切な話があるって言ったらしっかりと聞く姿勢を整えろ!」

 

 

生徒はここで真剣な表情に。

 

 

「きみたちは全員無料体験でいま俺の授業に参加している。この一ヶ月間を『ま、無料体験だし』なんて軽い気持ちで参加している生徒がいたとしたら、おれは悔しい。」

 

 

「おれは君たちをただの体験生だと思ってテキトーに授業をしていない。それは伝わっているな?」

 

 

何人かうなずいてくれる。

 

 

「なんでさ、この一年のスタートの大切な時期に、宿題をやってこない生徒が何人もいるんだよ。」

 

 

「そんな程度で、俺の授業に参加しないでくれよ。俺がどれだけ、君たちのことを思ってこの宿題を準備したか、わかるか? 新しいスタートを良い形で迎えてほしい、だから、勉強面は俺が絶対に支えるんだって。そういう覚悟でやっているんだ。」

 


「もし、それが君たちに伝わっていないのだとしたら、俺は先生失格だ。」

 

 

ここでしっかりと間を取る。

生徒たちは真剣に俺のことを見つめている。こんなに真剣に話す大人が初めての子もいる。

 

 

「宿題の大切さは先週、しっかりと伝えたはずだ。もし、来週も宿題忘れがいるようなら、俺はもう授業はしない。きみたちも体験なんだから、他の塾へ行ってくれ。」

 

 

「でも、俺の言葉が届いたならば、来週、全員宿題をやって気持ちよく授業をさせてくれ。それが俺の最高の喜びだ。来週以降も、俺はみんなと一緒に授業がしたい。」

 


こんな話をしました。これ、相手は全員無料体験ですよ。

 

 

 

内心は恐怖だった。

 

 

 

翌週、生徒が全然来なかったら、、、と眠れないくらいだった。

 

 

 

 

はい。もちろん、全員入学してくれました。

 

 

 

嬉しかったな。