教育学習塾グループ代表 川上大樹[エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校]

埼玉県の東武東上線沿線に11校舎ある エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校 の代表のブログ

(再)反抗期の簡単な対処法。抑えてはダメ。再噴火、外で出ます。学校友達との問題に。自分より弱い者へ向かいます(これイジメの原因の大きなところ)。

友だち追加

こちらのLINEを登録すると、ブログの更新情報を連絡します。

お気に入りやブックマークの必要がありません。

追加だけでは誰が登録されたかわかりませんのでご安心を!

 

↓Kindleですけど、出版中です。

※ブログ読者の方にはブログ内で公開済みです。

《悩めるママの子育て日記》

-------------------

 

 

 

 

反抗期の子どもに悩む保護者様は多いんですよね。

 

 

 

反抗期をこじらせると、もう大変ですよね。

 

 

 

そこで今日は、反抗期をサラッとかわす方法をご紹介!!

 

 

 

簡単ですので、是非、お試しあれ。

 

 

 

子どもが反抗的な態度をとってきた、

 例えば

「うるせークソババア」

 

 

さて、

 

 

どうします?

 

 

イラッとします?

 

 

多くの親は

 

 

 

 

「なんですか!その言い方は!」

 

 

 

「おい、かあさんになんて口のきき方だ。こっちへきて座りなさい。話がある」

 

 

 

とか、

 

 

 

もう、こじらせの典型です。

 

 

 

 

ママがうるさく叱ったり、脅したりして抑えつける。

 

 

パパは権威と力で圧力をかける。

 

 

 

戦いに勝たねばならぬ。と言わんばかりに。

 

 

 

 

 

そうすると、たしかに一度引っ込みます。

 

 

 

 

これ、反抗がなくなったわけではないですよね。

 

 

 

いったん引っ込んだだけであって、

 

 

 

内部にマグマのように煮えたぎったエネルギーが溜まっていくんです。

 

 

 

 

エネルギーは再噴火しますし、さらに抑えるとうどなると思いますか?

 

 

外で出ます。学校や友達との問題が起きます。

 

 

 

力で抑えつけられたエネルギーは、自分より弱い者へ向かいます(これ、イジメの原因の大きなところ)。

 

 

 

 

いけませんよね。これでは。

 

 

 

 

 

 

では、どうすべきか、ここからが本題ですね。

 

 

 

 

 

簡単です。

 

 

 

 

「かわす」んです。

 

 

 

 

ぶつかろうとしてきた子どもをかわすんです。

 

 

 

 

「うるせークソババア」

 

 

的な言葉にイラッとする必要がないんですよ。

 

 

 

 

(この子も反抗期になったか、順調に成長しているんだな)

 

 

 

ママ「あ~~ら、この子ったら、かっこいい~じゃ~ん!反抗期かしら~~」

 

 

 

 

反抗期くん「うるせ~な」

 

 

 

ママ「はいはい。うるさいですね。黙りま~す。クスッ(笑)」

 

 

 

反抗期くん「ッチ!(舌打ち)」

 

 

 

「で、そろそろ晩ごはんだけど?クソババアが一生懸命つくった料理食べたい?」

 

 

 

とかね。笑

 

 

 

 

こんな風にかわすんです。

 

 

 

 

かわし方は人それぞれでいいと思いますが、正面でエネルギーを受け止めようとしないことです。

 

 

こうすると自然に親の心に余裕が生まれます。「余裕」ってすごく大事なんですよ。

 

 

 

 

こんなことを数回やっていれば、もう子どもは反抗期なんて吹っ飛びますよ。

 

 

 もちろん、親としてすべてをかわして子育てはできません。真っ向勝負も必要なときがあるでしょう。

 

しかし、「反抗期の尖ったエネルギー」はかわすのがベストです。

 

 

 

反抗期のエネルギーを正面でパワーで受け止めたり跳ね返そうとしてはいけないんです。

 

 

戦いにしてはいけません。

 

 

 

 

威圧や権力で親が勝っても誰も得しませんし。

 

最悪、子どもは、自分が傷つく武器で親を攻撃しはじめますよ。