教育学習塾グループ代表 川上大樹[エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校]

埼玉県の東武東上線沿線に11校舎ある エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校 の代表のブログ

子の問題行動のほとんどは、コレ

友だち追加

こちらのLINEを登録すると、ブログの更新情報を連絡します。

お気に入りやブックマークの必要がありません。

追加だけでは誰が登録されたかわかりませんのでご安心を!

 

↓Kindleですけど、出版中です。

※ブログ読者の方にはブログ内で公開済みです。

《悩めるママの子育て日記》

-------------------

 

 

 

 

親「テスト結果どうだった?」

 

 

子「うん、まぁまぁ」

 

 

親「見せてみなさい」

 

 

子「はい。95点」

 

 

親「まぁ。すごいじゃない。でもなんでこんな問題間違えちゃうのよ。いつもケアレスミスするなって言っているのに、あんたって子は」

 

 

これじゃ、頑張れませんよね。

 

 

親の子に対する期待値が高すぎる例です。

 

 

子どもは親の愛情を獲得したいという本能があります。

 

 

ある程度頑張っているのに、いつまでも親に認められない子は、どうなると思いますか。

 

 

安直な優越性の追求に走ってしまいます。

 

 

ウソをついてしまう。

 

特別に悪くなろうとする。

 

のどちらかのパターンが多いんですよね。

 

 

ウソをついてでも、親から一時的に認めてもらいたいんですね。

 

また、自分が悪くなると、親が構ってくれるようになります。

 

 

 

例えば、親の財布から大金を盗んだり(絶対バレるのわかっててやってますから)

 

弟妹にキツくあたったり(親の愛情の奪い合い)

 

かたくなに勉強しない(親に構ってもらえるから)

 

 

 

子は愛に飢えているんです。

 

 

親として、子の悪いところが目についてしまうのはわかります。

 

子に期待をしすぎると、その反面、足りない部分ばかりが強調されて見えてしまうんです。

 

 

 

しかし、その悪い部分をこじらせないために、小さなことでも認めてあげましょう。

 

 

 

良いところをどんどん見つけてあげましょう。