教育学習塾グループ代表 川上大樹[エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校]

埼玉県の東武東上線沿線に11校舎ある エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校 の代表のブログ

「いじめられていた生徒に起こった奇跡」いじめっ子が100%悪いと言っていては被害は減らない

友だち追加

こちらのLINEを登録すると、ブログの更新情報を連絡します。お気に入りやブックマークの必要がありません。

追加だけでは誰が登録されたかわかりませんのでご安心を!

 

↓塾講師や経営者向けのnoteはこちら。

 

《塾経営者・塾講師向けnote》

-------------------

 

 

 

 

 

www.eimei-g.com

「いじめられていた生徒に起こった奇跡」

↑どうぞ御覧ください。 

 

はっきり言って、イジメをやめさせることは簡単ですよ。

 

 

親が学校に怒鳴り込んだり、相手の家に押しかけて騒ぎすれば、イジメる加害者たちは、面倒だからと、すぐにやめて、標的を変える。

 

 


しかし、これは根本的な解決ではないんです。

 

 

 

さて、

タブー視されていて、言ってはいけない雰囲気ですけど、僕はあえていいますよ。

 

 


イジメられる子には、イジメられる理由があるんですよ。

 

 


誤解しないで欲しい。

 

 

だからといってイジメを容認することはあってはいけない。当然ですよ。

 

 

 

 

 

卑怯で、被害者の心に 傷を残すイジメはどんな理由があっても許されるべきではない。

 

 

 

いじめっ子が100%悪い。いじめられた方は悪くない。

 

 

当然だ。しかし、それを言っていてもいじめられて傷つく子どもたちは減らない。

 

 

 

俺はいじめで傷つく生徒を減らしたいんだ。

 

 

 

いじめられた子は

 

 

まわりの適切なサポートと自身の力で、いじめの標的にならなくなるように変わることができる。

 

 


そうでなければ、また違うイジメっ子の標的になって、同じことを繰り返すだけだ。

 

 

 周りのサポートと本人の具体的な行動は、今度書きますね。