エイメイ学院・明成個別・女子専用Elena個別・EIMEI予備校 [教育学習塾グループ川上大樹]

エイメイ学院 明成個別 Elena個別 EIMEI予備校 の代表のブログ

社員が「ペットが亡くなったので休ませて欲しい」と言った時、どうしたか。

友だち追加

こちらのLINEを登録すると、ブログの更新情報を連絡します。

お気に入りやブックマークの必要がありません。

追加だけでは誰が登録されたかわかりませんのでご安心を!

 

↓Kindleですけど、出版中です。

※ブログ読者の方にはブログ内で公開済みです。

《悩めるママの子育て日記》

-------------------

 

 

 

 

 

 

この我が社の決定。非常識ですかね?

 

 

 

 

数年前のことです。

 

 

 

 

社員の一人が「休ませてください。ペットが亡くなって、看病で寝てないんです。」と。

 

 

 

一瞬「えーー??ペットでーー??」

 

 

 

と思ったのは事実です。

 

 

 

 

僕にはペットはいません。

 

 

 

だから、その悲しみは感じたことがありません。

 

 

 

 

でも、よくよく考えてみたんです。

 

 

 

ペットを家族のように大切にしている人からしたら、家族が亡くなったのと同じではないのかなと。

 

 

 

悲しみは想像できます。

 

 

 

 

事実、この社員は本当に普段からペットを家族のように大切にしていて、前日も明らかにやつれているくらいでした。

 

 

 

 

 

一般企業では家族に不幸があったときなどは忌引きが許されています。

 

 

 

 

しかし、ペットが亡くなったときには、基本的には許されている会社はないと思います。

 

 

 

 

 

ペットが亡くなったことを理由に仕事を休む?

 

 

 

 

それを会社は許可する?

 

 

 

 

これはとてもセンシティブな問題であり、とても難しい判断になると思います。

 

 

 

ちょっと、みんなで話し合おうか。と、その社員以外で緊急で話し合いをしました。

 

 

 

 

当然、社内からは「そんなことくらいで休むなんて普通の企業では許されてはいない」という常識的な意見が出てきました。

 

 

 

 

確かにそうだろうな。

 

 

 

 

でもね、俺たちは普通の企業になりたいんだっけ?

 

 

 

 

 

我が社では先生全員で素敵な職場を創っていくのが目標ですから、社長としては以下のように「あいまい」に決定しました。

 

 

 

 

 

常識的な範囲で、ペット忌引をある程度は柔軟に認める。

 

 

 

 

社会人で責任ある立場だということを忘れなければいい。

 

 

 

 

その際、仲間の社員で「あいつズルいな」なんて雰囲気になるような職場であってはいけない。

 

 

 

 

むしろ、思いやりをもって、理解をしてあげて、みんなで補って支え合っていける職場にしましょう。

 

 

 

そして、

休んでみんなにサポートしてもらった社員もね「すみませんでした迷惑かけて」とか言うんじゃなくてね

 

 

 

「ありがとうございました!今後逆のような立場になったときに、必ず恩返ししますから!」

 

 

 

でいいんです。

 

 

実際に誰か社員が体調を崩したとき、恩返し大会が始まります。笑。

 

 

あのときサポートしてもらった誰々のため!困ったことあったら言ってくださいね!と。

 

 

 

 

これが増えていけば、ものすごいチームになりません?

 

 

 

思いやりや感謝で溢れている組織って素敵じゃないですか。

 

 

 

理想論?無理だって?

 

 

 

いやいや

 

 

僕らは、これを実現しているんです。今のうちの会社は。

 

 

 

 

さらに、

 

これから我が社はどんどん大きな組織になっていきます。

 

 

 

成長していく子どものようなものです。

 

 

 

 

大きな柱や目標ははっきりしていますが,その他の部分は,社員全員で創っていきましょう!

 

 

 

できるよ、俺たちなら。