教育学習塾グループ代表 川上大樹[エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校]

埼玉県の東武東上線沿線に11校舎ある エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校 の代表のブログ

子どもを潰してしまう禁句

友だち追加

こちらのLINEを登録すると、ブログの更新情報を連絡します。お気に入りやブックマークの必要がありません。

追加だけでは誰が登録されたかわかりませんのでご安心を!

 

↓塾講師や経営者向けのnoteはこちら。

 

《塾経営者・塾講師向けnote》

-------------------

 

 

 

 

 「子どもをダメにする禁句」

 

俺は、必要なら生徒にかなり厳しく伝えることをしてきました。

 

 

大人である先生たちにも、必要なら厳しい言葉で伝えてきました。

 

 

だから、保護者様にも必要なら厳しい表現で、摩擦を恐れず言わせていただいております。

 

 

 

以下、気分を害されそうな方は、お読みいただくのをお控えくださいね。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーー

「あんたの友達の太郎くんは、本当に優秀らしいね。

スポーツもできるし。

それに比べて、あんたはなんでそんなに勉強できないの?本当に何をやってもダメね。

お母さん、あなたをそんな風に育ててしまって後悔しているわ。」

 

 

さすがにここまでひどいことを言う親は減ってきましたが、友人と比べるならそれなりの根拠があって、納得してもらえないと逆効果ですよ。

 

 

 

まぁ、極端な例ではありましたが、

 

 

遠回しにでも、子どもを傷つける禁句を平気で言ってしまう保護者様が多くいらっしゃる。

 

 

 


子どもの心を、尖った刃でぶっ刺してしまっています。

 

 

それがどれくらいひどい発言かわかりやすく表現してみますよ。

 


「たけしくんのお母さんってすっごい料理うまいんだよ。

しかも美人で優しいんだから。

なんでうちのママはそんなに料理が下手で、ブスでチビなの?

お母さんのもとに生まれてきて後悔しているよ。」

 

なんて子どもに言われたら、やっと母親は気付くのでしょうか?

 

 

いや、気付くより前に傷付いてヒステリックになってしまうかもしれません。

 

そこで、自分が子どもを同じような言葉で傷つけていたことを棚に上げて、

 

「この子は、なんて親不孝なの?私の子じゃありません!」

 

と、更にエスカレートするのかな。

 

 

もし、こんなことがあるとしたら、

 

これ、家庭での悲劇。もう虐待ですよ。

 

 

そんなひどい家庭はドラマの世界?いやいや、確かに極端ではありますが、ここまではいかないとしても、多くの家庭で似たようなことが起こっていると思います。

 

 

 

そんな家庭の子どもは、勉強面や、友達面や、生活面などで問題を起こすことも多いです。

 

 

 

子どもが起こす問題は、家庭内から発生することが多いですね。

 

 

 

そうならないために

 

 


子どもを大切な一人の人間として認めましょう。

 

 

 

確かに子どもは未熟で、親からみれば不満があるでしょう。

 

 

しかし、それが子どもなんです。

 

 

 

深呼吸して、お子様が生まれたときのことを毎回思い出しましょう。

 

何をやっても褒めて、喜んでいたころを思い出しましょう。

 

 

愛する娘が生まれた

       私自身への戒めの意味でも。。。。

 

 

10年後の自分へ。