教育学習塾グループ代表 川上大樹[エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校]

埼玉県の東武東上線沿線に11校舎ある エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校 の代表のブログ

中毒からの脱出。わかっちゃいるけどやめられない?

友だち追加

こちらのLINEを登録すると、ブログの更新情報を連絡します。お気に入りやブックマークの必要がありません。

追加だけでは誰が登録されたかわかりませんのでご安心を!

 

↓塾講師や経営者向けのnoteはこちら。

 

《塾経営者・塾講師向けnote》

-------------------

 

 

 

 

 

スマホ、ゲーム、無駄時間。

 

 

勉強や睡眠を削ってまでする価値はないと思いながらも、

 

どうしても、ハマってしまう。

 

 

やめようとしても、なんだかモヤモヤして、

 

 

何だかんだ言い訳を少ししてスマホ、ゲーム、などをやってしまう。

 

わかっちゃいるけどやめられない。

 

 

コレは完全に中毒だ。

 

 

本人は認めたくないだろうが。

↑脱出する方法もここにヒントがある。

 

 

タバコを吸う人、ニコチン中毒の人は

 

「いや、やめようと思えばやめられるんだよね」

 

とか、根拠のない自信がある人が多い。

 

 

中毒の証拠だ。

 

 

自分は中毒ではない、と思い込んで、いつでもやめて、正しい判断ができる、と思っている。

 

もう、すでに正しくないの。

 

タバコなんて、ガンの元だし、お金と時間の無駄遣いだし、臭いし、笑

 

さて、

 

自分にとってマイナスの習慣、中毒をやめるにはどうすればいいか。

 

 

 

体から脳に刷り込むんです。

 

 

 

「俺はスマホを勉強の邪魔にさせないために、○○○○をするぞ」と口に出して言う。

 

紙に宣言を書く。

 

等。

 

 

手っ取り早く、効果の高いこととしては、親や塾の先生に協力をしてもらうことだ。

 

荒療治だが、中毒の強い人は、もう預かってもらってもいい。

 

 

多くの人は2週間もあれば正常な生活に戻れる。

 

 

それで脱出できた人は数知れず。お試しあれ。

 

 

 

中毒の構造は「無意識の本能」にある。

 

それを「意識の理性」で制御する。

 

このポイントは

 

 

そんなことできるのかなー?と思いながらも、やること。

 

 

とにかく、意識のコントロールは可能だと信じてやり続けること。

 

 

ここの部分での脳の構造はシンプルです。