教育学習塾グループ代表 川上大樹[エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校]

埼玉県の東武東上線沿線に11校舎ある エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校 の代表のブログ

たまにはこんな話もいかがですか。

友だち追加

こちらのLINEを登録すると、ブログの更新情報を連絡します。お気に入りやブックマークの必要がありません。

追加だけでは誰が登録されたかわかりませんのでご安心を!

 

↓塾講師や経営者向けのnoteはこちら。

 

《塾経営者・塾講師向けnote》

-------------------

 

 

 

 

 

noteの方では、経営について書いたり、動画公開したりしています。ご興味がある方は、

川上大樹 ワンコインコンサル®|noteこちらをどうぞ。

 

さて、今日はコロナと経営というテーマで

一時期話題になっていた佰食屋さんについて

少しお話したいと思います。

 

youtu.be

 

 

知ってる人は知ってると思いますけど

1日ひゃく食限定という風なコンセプトで

飲食店を経営されていて

従業員の働き改革と相

まってとても人気が出てきて

ブームになりかけていた店舗ですね

経営者さんは本なんかも出して

いろんな経営なんとか

大賞を受賞して乗りに乗っていたんです

けれども一度

4店舗目か何かでコンセプトを外してしまって

メニューの再編など

そこで再起を図ろうとしていた

ところこのコロナで大打撃ですね

テレビで見たんですけれども

夏ぐらいには

倒産の危機だ

という風に特集されていました

もちろん個人的にはこの経営者さんのこと

すごく応援してたし応援していますしね

コンセプトもすごくしっかりしていて

このコロナは本当に

誰のせいでもないんで、そのテレビでね

従業員の解雇を泣きながら告げるところを見て

私もちょっと感極まってしまったんです

けれどもまあそれとは別の問題で

やはりこのコロナの対応

経営者としての対応はしっかり反省すべきところ

反省してまとめておくことはまとめておか

ないとまた経営というのは

甘いもんじゃないんで

似たような危機が必ず訪れるんで

その時に正しい対応

取れるかところがポイントになってくるので

今日はあえて応援もしてる

佰食屋さんについて

反省とか、提案じゃないけど

こうしたら良かったんじゃないかっていうの

動画に

まとめてみたいと思います

まず従業員の半分以上

解雇しなきゃいけなくなっちゃったしまったところ

信じてくれた

社員をね切らなきゃいけないっていうのは

本当に経営者として辛いことだと思います

中には転職してきてくれたり

人生をかけて

就職を決めてくれた人もい

ただろうし家族もね多いだろうし

て家族もいらっしゃるだろうし

そう考えると

本当に経営者の重い責任があるなあと思います

その中で何ができたのか

いうとこなんですけど

まず最初に運転資金の確保ですよ

当然ですけどね

当然ですけど経営者は

コロナが流行り始めた時に

いつまで続くのか

そんなの誰にもわかんない 危険性もね

人々かどういう反応するかも

まだわかんない時に

真っ先に運転資金

運転資金の確保に動かなきゃいけない

それは私も個人的にtwitterとかね

色んな所でガンガン発言して

時には批判されたりしたけれども

可能な限り

1円でも多く

運転資金を貯めておけと取っておけと

獲得しておけ

運転資金についてなんですけれども

まあこの佰食屋さんぐらいの規模であれば

2.3千万多くて

6千万、7千万

とかのコロナ関連融資を受けて

運転資金を数年間金利なし

返済据置とかの制度で借りれた

はずなんですよね

経営者さんとししての反省はまず

そこだと思います

そしたらね

あの2店舗の閉鎖を免れただろうし

従業員を半分以上

解雇しなくても済んだのかもしれないしね

そこで大事なのが

普段から金融機関との付き合い

無借金経営がいい

言ってる人もいるんですが

まあ個人経営なら小さくやるならいいんですけど

拡大路線に少しでも入ろうとしたり

社員を雇ったり

固定費が多めの会社なんかは

金融機関との付き合いが

ものすごい大事になってきます

まこの低金利の時代に借りる時は借りておく

そうするとまあ

現金を持っておくという安心感

安心料ですね金利は安心料です

それと同時に

金融機関との取引が長い間できてれば

そこで信頼関係なんかもできてると

こういう危機的状況のときにも

真っ先に動いてくれるし

早いし業績が分かってるんで

もう融資実行が早いんですよね

あと変な話メインバンクなんか

6千万とか7千万とか

1億とかの借り入れがある

つまり銀行からすると

その会社への貸付があると

そんな会社潰れて欲しくないですよね

だからちょっと危ない時でも

頑張って融資してくれるんですよ

、融資を増やしてくれたりね、だって

かえっ今までの貸付が全部返って

こないと困るわけですからね

だから普段からの金融機関

との付き合いってのは

ものすごい大事だと思います

無借金経営は僕は危険だと思ってます

はい運転資金についてはまあそれぐらいで

今回は可能な限り獲得しておくべきタイミング

まだ間に合うんですけど

まだ全然間に合うんです

次に制度のフル活用ですよね

例えばまあ売り上げが半分以下になっちゃった

月があるとしたら

持続化給付金を百万、二百万申請

できるわけでは

その他に県が独自にやってるもの

市町村が独自にやってる

支援金なんかもある

だろうしそれともフル活用すべきかな

と思いますあとは

家賃給付金も大きかったですね

最大600万円の家賃が補助される

という制度もフル活用すること

これは経営者の義務だと思います

あとは大事なのが雇用調整助成金ですよね

簡単に言うと首にすることなく

100%の給与 最大いくらでしたっけ調べてください

1万5000円最大1万5000か

最大1万5000円の人件費

給料を国が補助してくれるんだ

休業支援金ですよね

それを活用すれば今年の12月とかね

4月の段階から12月まではその期間が

設けられていて

社員を休ませる休ませるけれども

給料が国が補償してくれる

そういう制度があるわけですよね

そんなのも知らないと

社員を不幸にしてしまいますよね

あとどっかのタクシー

会社の社長さんがやっていたのは

すぐ解雇社員を解雇してしまうと決めて

社員のため

だと言ってた理由は

解雇されると失業手当が出ますね

ただ年齢によっては出ない方が多かったり

5割とか8割とかしかでないので

失業保険はやはり今回みたいな災害に近い

コロナコロナ禍では

休業支援金の制度をフル活用して

クビにはしないってのが正解な

はずです。期限があるものなので

12月31日までだっけなけど

まぁこれは延長される可能性も高い

しされなくても

何か他の方法が

それまでに見つかる可能性も高いし

フル活用すべきだとは思いますけれども

そうすると何ができるかと言うと

延命ができ

ますねこういう危機

大規模な災害などの危機の時っていうのは

延命がものすごく大事になります

運転資金の確保と

国などが用意してくれた

制度のフル活用によって

企業は延命措置が可能です

例えば飲食店なら延命できれば

今回のGOTOeatキャンペーンなんとかにも

そういう

のもチャンスとして復活も可能だし

テイクアウトとかへの対応の準備

期間にもできるし

やはりその延命がものすごい大事ということです

延命されれば

コロナも落ち着いて

ワクチンが開発されるかもしれないし

薬が開発されるかもしれないし

人々の動きが

変わるかもしれないんで

やはり今回は

運転資金の確保と制度のフル活用で

なるべく延命されることが大事

あとは絶対に

人は切ってはいけないってことです

この危機を乗り越えるために

人を切る人件費を減らす

それをやってしまうと

この危機を乗り越えた後に復活が不可能

になります危機を乗り越えた後に

復活をすべきなのに

復活のための大事な人材がいないと

復活ができません

なので何が何でも人は切ってはいけない

あと半分以上の社員をクビにして

しまったんですけれども

残った社員も

いざという時は

クビにされてしまうのかもしれ

ないという恐怖感を抱いてしまうものですし

そういうメッセージになってしまうんですよね

なので何が何でも人は切らない

だそういう覚悟は大事かなと思います以上です

まあ頑張って欲しいと思います

本当に応援しています