教育学習塾グループ代表 川上大樹[エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校]

埼玉県の東武東上線沿線に11校舎ある エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校 の代表のブログ

YDKという言葉の弊害。「うちの子はやればできるんですけど、、、」

友だち追加

こちらのLINEを登録すると、ブログの更新情報を連絡します。

お気に入りやブックマークの必要がありません。

追加だけでは誰が登録されたかわかりませんのでご安心を!

 

↓Kindleですけど、出版中です。

※ブログ読者の方にはブログ内で公開済みです。

《悩めるママの子育て日記》

-------------------

 

 

 

 

某大手塾が流行らせた「やる気スイッチ」という言葉の弊害は後ほど再掲載しますけど、

 

 

 

 

似たような、弊害が多発している言葉に

 

 

「YDKやれば出来る子」

 

 

というのがあります。

 

 

 

 

「うちの子、やればできるはずなんです。やれば。。。」

 

 

 

という、「可能性の世界に逃避」している保護者様と生徒をよく見かけます。

 

 

 

 

ダメなんです。そんな逃避をしていたら。

 

 

 

現実を直視して、

 

 

1日でも早く勉強を始めればいいんです。

 

 

1分でも多く勉強をすればいいのに、、、、

 

 

 

 

じゃぁ、、、、

 

 

 

 

なぜ、子どもは「やらない」んだと思います?

 

 

 

 

「あなたは、、やればできるのに、どうしてやらないの??」

 

 

 

 

やらない理由はこれです。

 

 

 

この親の言葉に全てが含まれていますよ。

 

 

 

 

小学校のカラーテスト程度で、たまたま良い点を取った記憶を親が栄光のように思っていて、それを持ち出し、「やればできる子」と言われる。

 

 

「やればできる子」と言われた子どもはどうです?

 

 

 

ちょっと、怖いんですよ、

 

 

 

やっても出来なかったとき、もう言い訳もできなくなるんですよね。

 

 

だから、逃げて、「いっそのことやらない」という、自滅的な行動をしてしまうこともあるんですよ。

 

 

だって、やってもできなかったときが怖いですもん。

 

 

そういう子もいる、という現実を知っておいて欲しいですね。