エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校 [代表 川上大樹]

埼玉県の東武東上線沿線に11校舎ある エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校 の代表のブログ

子どもの人生においては、本人以外は全員脇役。

友だち追加

こちらのLINEを登録すると、ブログの更新情報を連絡します。

お気に入りやブックマークの必要がありません。

追加だけでは誰が登録されたかわかりませんのでご安心を!

 

↓Kindleですけど、出版中です。

※ブログ読者の方にはブログ内で公開済みです。

《悩めるママの子育て日記》

-------------------

 

 

 

 

 

 

 

親や塾が「過度に」子どもの進路に口出すと良くないですね。

 

 

もちろん、適度なアドバイスと一緒に話し合うことは欠かせませんが。

 

決めつけたり、子どもの意志を無視したり。

 

 

それはいけません。

 

 

後々、いろいろ厄介なことになるかもしれません。

 

 

僕は、高校受験の際、第一志望校ができて、がむしゃらに勉強を頑張りました。

 

 

結果、受験前には、第一志望校より偏差値でいうと20以上上になれました。

 

 

そうなると、学校の先生や周りからは「もったいない」「もっと上を受けるべき」

と言われました。

 

 

僕には「もったいない」の意味がわかりませんでした。

 

 

第一志望校に行きたくて頑張って偏差値上げまくったら、今度は、第一志望校を変えた方がいいと言われるんです。笑笑

 

 

ちなみに僕は当然、自分の意志を通しましたが。

 

 

親に強制されたり、学校の先生の言うことを真に受けてしまっていたらと思うとゾッとします。

 

 

真面目で良い子ほど、親の望む人生を生きることになってしまうことがあります。

 

 

子どもの人生は、言うまでもなく、子どもの人生です。

 

 

親や先生は脇役です。