教育学習塾グループ代表 川上大樹[エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校]

埼玉県の東武東上線沿線に11校舎ある エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校 の代表のブログ

大人を試す子どもたち

友だち追加

こちらのLINEを登録すると、ブログの更新情報を連絡します。

お気に入りやブックマークの必要がありません。

追加だけでは誰が登録されたかわかりませんのでご安心を!

 

↓Kindleですけど、出版中です。

※ブログ読者の方にはブログ内で公開済みです。

《悩めるママの子育て日記》

-------------------

 

 

 

 

親、先生、大人たち。

 

 

 

子どもから試されたときに、ダメ対応してしまう人がいます。

 

 

舐められます。

 

 

本気でないと、それは子どもに伝わるんです。

 

 

 

舐められる。

 

 

 

そういう学校の先生、塾の先生、保護者様も多い。

 

 

 

 

では、子どもに舐められないようにする!?

 

 

 

うーん、それは少し違うんですよねー

 

 

例えば、怒鳴ったり、強いフリをしたり、権力振りかざしたり、、、違いますよね。そんなんじゃ、心をつかめないですよね。

 

 

 

なんか、、やっぱり、子どもと本気で向き合えてるかってことなんです。

 

 

 

 

子どもって、大人をじっくり観察しますよね

 

 

 

 

最初、ジャブパンチを打ってきますよね

 

 

 

そのときに、大人は試されているんですよ。

 

 

 

「せんせ~!休み時間のばしてよ~」

 

 

「何いってんだよ。ほらやるぞ~」

 

 

「いやだし。もう1分休み時間にして!」

 

 

「おい。そんなに俺の授業が嫌なのか?」(真顔で)

 

 

「あ、いや、違います。」

 

 

 

みたいな。

 

 

 

こんなふうに、どこまでこの人は許してくれるんだろうか。って、ジャブパンチを打ってくる子がいます。

 

 

 

 

子どもは悪気はないことが多いです。じゃれているつもりかもしれません。

 

 

 

 

でも、そこで毅然とした態度を取れるか、が後々大事になってきます。

 

 

 

 

ジャブにしっかり対処できないと、ストレートパンチでやられます。

 

 

 

もちろん、初期は仲良くなるための工夫なんかで笑顔だったり優しさだったり大切ですよ。

 

 

 

 

でもね、それが裏目に出てはいけませんもんね。

 

 

親子関係でも、よくあります。

 

 

 

ジャブパンチでしっかり対処できずにボロボロになっていく保護者様、、、、

 

 

 

お悩みがあればご相談くださいね。

 

 

 

我々は、たくさんのご家庭を見てきましたので、いろんな例をお話できるかもしれません。

 

 

勉強以外も、しっかり支えて参ります。