教育学習塾グループ代表 川上大樹[エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校]

埼玉県の東武東上線沿線に11校舎ある エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校 の代表のブログ

働き方改革とか言われる前にやれよ、経営者。

友だち追加

こちらのLINEを登録すると、ブログの更新情報を連絡します。

お気に入りやブックマークの必要がありません。

追加だけでは誰が登録されたかわかりませんのでご安心を!

 

↓Kindleですけど、出版中です。

※ブログ読者の方にはブログ内で公開済みです。

《悩めるママの子育て日記》

-------------------

 

 

 

 

 

塾の先生はブラッキーだと言われます。

 

 

 

まぁ、僕も休みなく働いていた時期ありました。

 

 

 

なんか、働いていないと不安だった時期もあったんです。創業段階とか。

 

 

 

 

それで、、思ったんですよね。

 

これ、本当に正しいのかな?って

 

 

 

 

自己犠牲のもと働く。これ、一つの妥協なのかなと。

 

 

 

 

もっと、うまくやる方法だってあるはずなのに。

 

 

 

 

もちろんね、創業期や勝負所では、必要だと思いますが、それが無期限で続くとなると、やはり、僕は疑問なんですよね。

 

 

 

朝から朝まで360日は働いていた僕が言うのも笑っちゃうんですけどね。

 

 

 

あ、もちろん、休みなく働くみなさんを尊敬します。

 

 

 

 

でも、お身体が心配なんですよ。

 

 

 

 

あとね

 

継続性、発展性に弱いと思います。

 

 

 

 

あと、あと、

 

生徒も本当にそれで嬉しいのでしょうか。

 

 

大好きな先生がヘトヘトに疲れているのを見て。

 

 

 

 

 

組織化して行きたい経営者は、これやってたら、絶対ダメですよ。

 

 

 


自分だけで小さくやっていて、そのまま終わる予定ならいいけど。

 

 

 

 

 

働く先生が健全な休みを取れないなら、、それはもう、経営的に誤りなんですよ。

 

 

 


成り立ってないんですよ。

 

 

 


先生が休みを取ったら満足度が落ちちゃうなら、その程度のレベルなんですよ。

 

 

 


もっと、努力の方向を考えないといけないんです

 

 

 

往々にして、自己犠牲の元働いている経営者は、従業員にも、それを求めがち。

 

 

 

無意識にもその空気が出る。

 

 

 

無理を強要する、雰囲気。

 

 

 

いろんな人がいるのに「俺はこんなに頑張っているんだ」雰囲気。

 

 

 

一人でやっている塾さんのことではなく、ある程度人も雇っている所へ言ってます。

 

 

 

従業員が辞めていく、集まらない、その悩みはこれですよ。これをよく考えるべきなんですよ。