教育学習塾グループ代表 川上大樹[エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校]

埼玉県の東武東上線沿線に11校舎ある エイメイ学院 明成個別 Elena個別女子 EIMEI予備校 の代表のブログ

創業者を追い出した??乗っ取り?EIMEIグループの原点その1

友だち追加

こちらのLINEを登録すると、ブログの更新情報を連絡します。

お気に入りやブックマークの必要がありません。

追加だけでは誰が登録されたかわかりませんのでご安心を!

 

↓Kindleですけど、出版中です。

※ブログ読者の方にはブログ内で公開済みです。

《悩めるママの子育て日記》

-------------------

 

 

 

 

 

 

平成2年に創業者が、みずほ台の地に小さな塾をつくる。

 

 

 

最初は、生徒はたったの一人だったと聞いている。

 

 

 

そして、10年以上が経過し、

 

 

何人かの卒業生たちが、先生として戻ってきた。

 

 

 

 

その一人が、この俺だ。

 

 

 

 

 

 

2007年くらいだったか。法人化へ踏み切る。

 

 

 

 

俺は共同代表に。

 

 

 

 

しかし、その翌年、創業者は「あとは、任せる!俺はやりたいことがある!」

 

 

 

 

と出ていってしまう。笑

 

 

 

 

仕方ない。

 

 

 

俺が代表をやるしかない。と覚悟を決めた。

 

 

 

当時は24歳とかだったと思う。

若い俺は、本音では自信がなかった。しかし、やるしかなかった。

 

 

 

 当時の思いを振り返る↓

 

創業者から成功した塾を受け継ぐ苦しさわかりますか? 

しかも、2校舎目で看板も登記も変えたから、僕は創業者でもある、先生たちも俺が採用育成した。銀行借入連帯保証もだ。

ゼロからやった方が楽だったんじゃ?って何度もいわれたよ。そりゃね。

でも、会社はすでに銀行から数千万借入あったし
従業員も数名いたから、俺が引き継ぐしかなかった。

無責任に独立とかできなかった。 

 

 

「創業者を追い出し、塾を乗っ取ったのか」

 と言われたこともあった。

 

 

ふざけるな。

 

 

 

創業者が急にいなくなった、そのあとの塾を守り抜いたのは俺たちだ。

 

 

 

 

必死に、大切な塾を守り抜いた数名の先生たちに対して「乗っ取り」とは失礼すぎる言葉だった。

 

 

 

 

まぁ、言わせておけばいいか。

 

 

 

 

そんなのは無視して、目の前の生徒たちに尽くそう。

 

 

 

 数名の先生たちは必死にこの塾を守り抜いた。

 

 

 

 

そうしていると自然と生徒数は増えていった。

 

 

 

そして、気づくと、生徒数が180名を超え、募集を停止しなければ教室がパンパンになってしまった。

 

 

 

 

 

このあたりから、俺は、2校舎目の構想を一人練った。

 

 

 

 

当然、初めての経験。

 

成功するかわからない挑戦だった。

 

 

ただただ怖かった。

 

 

眠れぬ夜が何度もあった。

 

 

 

 

しかし、一方、毎日使命感が強くなる。

 

 

 

生徒や保護者様に「エイメイのおかげで」「エイメイに出会えてよかった」

そんな言葉をかけてもらうたびに。

 

 

 

 

エイメイは、一人でも多くの生徒、保護者様のために、拡大せねば。と

 

 

 

そして、、、

 

 

 

長くなったので今日はココで終わり。

 

 

つづく。